本文へ移動

【エリザベス女王杯】ソフトフルートとステラリアは上々の気配 斉藤崇師も両馬に期待

2021年11月13日 12時35分

このエントリーをはてなブックマークに追加
ソフトフルート

ソフトフルート

◇第46回エリザベス女王杯(14日・G1・阪神・芝2200メートル)
 休養明けの新潟牝馬Sを2着のソフトフルートは坂路をじっくりと上がって、前日の調整を済ませた。「春は頼りないところがありましたが、しっかりとしてきてケイコでの反応が良くなった。ゆったりと運べるこの距離はいい」と斉藤崇師は前向きに話した。
 また秋華賞6着からの前進を狙う同厩のステラリアは、坂路をキャンターで登坂。上々の気配を見せて前日の調整を終えた。斉藤崇師は「前走を使って馬体に張りが出て、迫力が出てきました。距離は大丈夫だと思いますし、前に行きそうな馬も内にいて組み立てやすい」と展望を口にした。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ