本文へ移動

歴史400年の文楽、見に来て 豊橋で21日、保存会が公演

2021年11月13日 05時00分 (11月13日 11時33分更新)
過去の公演で人形を操る会員たち=豊橋市で

過去の公演で人形を操る会員たち=豊橋市で

 約四百年の歴史を持つとされる「飽海(あくみ)人形浄瑠璃」を受け継ぐ吉田文楽保存会の第三十回定期公演が二十一日午後一時半から、豊橋市民文化会館大ホールで開かれる。昨年は新型コロナウイルスの影響で中止となり、会員は二年ぶりの公演に向けて意気込んでいる。入場無料、全席自由。...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

関連キーワード

おすすめ情報

愛知の新着

記事一覧