本文へ移動

12月末で芸能活動休止の元℃―ute中島早貴ラスト舞台「ついていけるよう必死で頑張ります」と意気込み

2021年11月12日 17時07分

このエントリーをはてなブックマークに追加
(左から)ラサール石井、松金よね子、笹野高史、中島早貴、柄本明、渡辺大輔、花總まり、ベンガル、佐藤B作

(左から)ラサール石井、松金よね子、笹野高史、中島早貴、柄本明、渡辺大輔、花總まり、ベンガル、佐藤B作

 俳優の柄本明(73)が主演する新作舞台「本日も休診」が12日、東京・明治座で初日を迎えた。
 実在した医師・見川鯛山による人気エッセー「田舎医者」シリーズが原作でラサール石井(66)が演出。柄本はやる気のない医師・見川鯛山を演じる。
 終演後に柄本や共演の花總まり(48)、笹野高史(73)、佐藤B作(72)、松金よね子(72)、ベンガル(70)らが会見。笹野や佐藤と久々に同じ舞台に立った柄本は「20歳そこそこの青春まっただ中にアングラ演劇で出会って、こんな明治座ですよ。感無量ですよ。顔に近づくとシワが多いんですよ」と笑顔。笹野も「僕たちはアングラの“レジェンド”みたいなもの。50年前と変わらない」と共演を喜んでいた。
 12月末で芸能活動休止を発表した元℃―ute中島早貴(27)は最後の舞台に「ついていけるよう必死で頑張ります」と意気込んだ。公演は28日まで。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ