本文へ移動

元F1ドライバーの山本左近議員が自民党モータースポーツ振興議員連盟の事務局長に「盛り上げて行きます!」

2021年11月12日 13時04分

このエントリーをはてなブックマークに追加
山本左近さん

山本左近さん

 衆議院選挙で初当選した元F1ドライバーの山本左近さん(39)が自民党モータースポーツ振興議員連盟の事務局長を務めることになった。12日に自民党の三原じゅん子参議院議員が自身のツイッターで明かした。
 「元F1ドライバー山本左近議員が衆議院議員となった事で事務局長に。モータースポーツを盛り上げて行きます!! ちなみに私は幹事長を務めます」と報告した。11日に開かれた会合で新たな人事が決まった。
 元F1ドライバーが国会議員となったのは日本人では初で、世界ではF1通算12勝のカルロス・ロイテマンが母国アルゼンチンの上院議員を務めた例がある。
 三原議員も国会議員に転身する前は、女優をしながらレーシングドライバーとしても躍し、全日本GT選手権(現スーパーGT)やフォーミュラ・トヨタなどに参戦した。
 自民党モータースポーツ振興議員連盟はモータースポーツのさらなる振興と発展を目的に結成された議員連盟で会長は古屋圭司衆院議員。
おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ