本文へ移動

森保監督は終始淡々 視線は次戦オマーン戦へ「とても重要な試合になる」

2021年11月12日 06時21分

このエントリーをはてなブックマークに追加
指示を出す森保監督(AP)

指示を出す森保監督(AP)

 ◇11日 2022年サッカーW杯カタール大会アジア最終予選 日本1―0ベトナム(ハノイ)
 森保監督は終始淡々とした様子で試合を見守った。ゴールが決まっても勝利が決まっても、感情をそれほどあらわにすることはなかった。
 試合後は「選手たちはプレッシャーの中でもハードワークしてくれた。アウェーの難しい戦いで勝利をつかみ取ってくれたのはよかった」と話した。次の相手は初戦で敗れたオマーン。「とても重要な試合になる。1回負けた相手にしっかり勝って、われわれがワールドカップに向かって前進できるようにしたい」と言葉に力を込めた。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ