本文へ移動

【巨人】踏ん張りきれず5失点KOの菅野「振り返っても仕方ないので…」次登板に向け気持ち切り替える

2021年11月11日 22時24分

このエントリーをはてなブックマークに追加
6回裏2死満塁、代打川端に押し出し四球を与え悔しそうな表情を見せる巨人先発の菅野。後方は生還した三走村上

6回裏2死満塁、代打川端に押し出し四球を与え悔しそうな表情を見せる巨人先発の菅野。後方は生還した三走村上

◇11日 セ・リーグCSファイナルステージ第2戦 ヤクルト5―0巨人(神宮)
 巨人が追い込まれた。ヤクルトに2試合連続零封負けを喫し、相手のアドバンテージを含めて3敗。日本シリーズ進出には、1敗どころか1つの引き分けも許されない状況になった。
 中4日で先発した菅野智之投手(32)は踏ん張りきれなかった。2回1死満塁から犠飛で先制を許すと、6回は失策絡みで4失点。このイニングの途中で降板し「きょうのことを振り返っても仕方がないので前だけ見て、次登板する機会に向けてしっかり調整します」とコメント。「次」が回ってくることを信じて気持ちを切り替える。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ