本文へ移動

ほぼ完全な縄文時代の埋甕出土 伊那・天庄2遺跡の調査、13日に現地説明会

2021年11月11日 05時00分 (11月11日 14時15分更新)
天庄2(ローマ数字の2)遺跡で新たに見つかった埋甕=伊那市西箕輪で

天庄2(ローマ数字の2)遺跡で新たに見つかった埋甕=伊那市西箕輪で

 伊那市教育委員会は、同市西箕輪中条の天庄2遺跡で実施している発掘調査の現地説明会を十三日に開く。埋蔵文化財包蔵地にもかかわらず届け出とは異なる造成工事が行われ問題になった太陽光発電施設建設地で、縄文時代中期の竪穴住居跡や多数の土器が見つかっている。十日には、渦巻きなどの文様が鮮明な埋甕(うめがめ)がほぼ完全な形で出土した。...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

関連キーワード

おすすめ情報