本文へ移動

【Bリーグ】シーホース三河、悔しい敗戦、試合終了間際に逆転許す「琉球さんのファイトすばらしい」

2021年11月10日 23時23分

このエントリーをはてなブックマークに追加
37分とほとんどコートに立ってチームを牽引したダバンテ・ガードナー

37分とほとんどコートに立ってチームを牽引したダバンテ・ガードナー

  • 37分とほとんどコートに立ってチームを牽引したダバンテ・ガードナー
  • このゲームも15得点の2桁を記録させた西田優大
◇10日(水) Bリーグ1部7節 三河72 - 74 琉球(ウィングアリーナ刈谷)

シーホース三河ホームゲーム7節
琉球ゴールデンキングス戦

◆1Q
三河 15–13 琉球
約5分間琉球を沈黙させ、逆転に成功
スターティング5は、#5コリンズワース、#18角野、#19西田、#32シェーファー、#54ガードナー。
#54ガードナーのミドルシュートで先制するが、琉球#7ダーラムのインサイド、#30今村の3Pシュートなどで2-7と先行される。#18角野のミドルシュート、#54ガードナーの3Pシュートで追いつくが、琉球に立て続けに3Pシュートを浴びて、再び突き放される。
#5コリンズワースが琉球#4フリッピンのドライブをブロックショットで防ぐなど、全員が集中した守備で残り5分以降を無失点に抑えると、#54ガードナーのファストブレイク、#5コリンズワースのアタックで追撃。#7長野がドライブからレイアップを沈めて15-13と逆転し、2点リードで1Qを終える。
◆2Q
三河 35–24 琉球(三河 20–11 琉球)
速攻から流れを引き寄せ、二桁リードを奪う
スタートは、#3柏木、#5コリンズワース、#7長野、#14ユトフ、#15根來。
琉球#14岸本の3Pシュート、#7ダーラムのリバウンドで逆転を許す。開始2分半に#54ガードナーがゴール下で加点して以降は、互いにディフェンスの強度が高く、約3分間スコアが動かない。開始5分、#54ガードナーの力強いワンマン速攻で19-18と逆転してオフィシャルタイムアウトを迎える。
琉球#7ダーラムの3Pシュートで再度試合をひっくり返されるが、#18角野のファストブレイクで同点とし、残り3分に#54ガードナーの3Pシュートで勝ち越す。#19西田も3Pシュート、カットインの連続得点で続き、29-24とリードを広げる。
琉球はすかさずタイムアウトを取るが、タイトなディフェンスで相手のミスを誘発して流れを渡さず、#18角野の3Pシュート、#19西田と#5コリンズワースの2メンゲームで得点を重ねてリードを二桁に乗せる。終了間際に#32シェーファーがボーナススローで得点し、11点リードで後半へ突入した。
◆3Q
三河 52–45 琉球(三河 17–21 琉球)
2点差に迫られるが、終盤突き放し7点リードで最終Qへ
スタートは、#5コリンズワース、#18角野、#19西田、#32シェーファー、#54ガードナー。
琉球は#7ダーラムを起点にオフェンスを展開。#7ダーラムのインサイドやキックアウトから#3並里や#88牧に3Pシュートを沈められて4点差に迫られる。それでも#19西田の3Pシュートで踏みとどまるが、リバウンドをつながれて失点し、残り4分半に再び1ポゼッション差に詰め寄られる。
すぐに#5コリンズワースのリバウンドで返上すると、#54ガードナーのポストアップから#15根來が3Pシュートを射抜いて一気に流れを引き寄せる。#32シェーファーとのコンビプレーで#19西田がレイアップを沈め、残り1分、#54ガードナーのパワーアタックで52-43と突き放す。
◆4Q
三河 72–74 琉球(三河 20–29 琉球)
残り24秒に逆転され、2点差で惜敗
スタートは、#3柏木、#7長野、#14ユトフ、#18角野、#54ガードナー。
#14ユトフのフェイダウェイ、#3柏木の3Pシュートで57-47とリードを二桁に戻す。
琉球#7ダーラムに得点を重ねられるが、#7長野が3Pシュート、#54ガードナーのリバウンドで決め返してリードを保つ。
しかし終盤、リバウンドから続けざまに走られて67-64と3点差に迫られる。琉球の勢いが増す中、#19西田のドライブ、#5コリンズワースのバスケットカウントで持ち直すが、琉球#14岸本に残り1分に3Pシュート、同24秒にタフショットをねじ込まれて、72-73と逆転を許す。
青援クラップの後押しを受け、最後まで逆転を狙ったが、シュートがリングに嫌われて得点できず、悔しい敗戦を喫した。
■シーホース三河 鈴木 貴美一 ヘッドコーチ 試合後コメント
「今日は琉球さんの選手が何人か怪我をしている状態、特に琉球 #45クーリー選手がいないということで、我々のリバウンドに対しての集中が欠けてしまいました。良いディフェンスも、良いシュートもありましたが、これだけリバウンドに差が出てしまうと勝ちようがないと思います。その割には点数を2点差と僅差に持っていくことはできたのですが、怪我で選手がいないなか、#2小寺選手・#7ダーラム選手がアグレッシブにディフェンスに絡んできたことが最大の敗因でした。すばらしい琉球さんのファイトだったと思います。」
■琉球ゴールデンキングス 桶谷 大 ヘッドコーチ 試合後コメント
「怪我人が多い中、どのようにゲームを戦うかということころが非常に難しかったです。またゲーム直前に#13エバンス選手が出ることができないということが分かりました。そういう予測はあったので、慌てることなく次のプランを遂行することができたのですが、その中でコーチの考えていることと、プレーヤーの考えていることの少しのズレが出た前半だったかなと思います。それでも前半は、いつもと違って変にペースを上げることなくゲームをコントールすること、後半は、走るときには走るということを選手たちがしっかり理解してやってくれたと思います。また前半は、オフェンスのところで、スクリーンをしっかりかけることや、リバウンドに飛び込むということが少しかけていたところがあったので、後半はしっかりやりましょうということで指示を出しました。#2小寺選手が率先してやり始めてくれて、チームとして良い流れができ、イニシアチブがとれたと思います。外国籍選手が不在の中で、出場した選手がチームのために頑張ってくれた結果だと思います。」

(シーホース三河のプレスリリースから)
おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ