本文へ移動

石川遼の副会長辞任を選手会受け入れ 理事職については返答待ち【ゴルフ】

2021年11月10日 17時33分

このエントリーをはてなブックマークに追加
石川遼

石川遼

 男子ゴルフの石川遼(30)=カシオ=が米国遠征から帰国後、コロナ禍の自主隔離期間中にゴルフ場でラウンド、複数人で飲み会をしていたとされる問題で、選手会の時松隆光会長(28)と池田勇太副会長兼事務局長(35)は10日、静岡県御殿場市の太平洋C御殿場Cで取材に応じ、前日夕方に臨時理事会を開いて石川から出された副会長職の辞任を受け入れたことを明らかにした。
 池田副会長の説明によると、選手会の幹部4人は前日午前、対応を協議。辞任したいという石川の思いや考えを尊重しようとの考えでまとまった。石川からは本人を除く19人の理事全員に経緯の説明があったという。ただ、その後の臨時理事会では「理事職は続けてもいいのでは」との意見で全員が一致、石川にその旨を伝え、現在は返事を待っている状態。
 時松会長は「去年、今年と2年間、理事のメンバーは一丸となって精いっぱいやってきた。(任期が切れる)12月まであと1カ月。一緒に頑張ってきたチームとして、ともに頑張ろうということ」と話した。
 一方、国内ツアーを統括する日本ゴルフツアー機構(JGTO)の青木功会長(79)は、処分を決める臨時理事会の時期を「2~3日後」とした。ただ、詳細については「早く結果を出したいが、私一人のことではないので」とするにとどめた。石川は11日開幕の三井住友VISA太平洋マスターズは自ら出場を辞退。次週以降の対応は決まっていない。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ