福井ユナイテッド 坂井破り首位守る

2019年9月2日 02時00分 (5月27日 05時11分更新)
 サッカーの北信越一部リーグ第十二節は一日、坂井市丸岡スポーツランドなどで行われ、福井ユナイテッドFCが坂井フェニックスとの県勢対決を5-0で制し、勝ち点34として得失点差で首位をキープした。坂井フェニックスは勝ち点15で4位から変動なし。
 福井ユナイテッドは前半3分、浮き球のパスを山田雄太がヘディングで押し込み先制した。5分にも山田がゴールを決めて主導権を握り、前半だけで4得点。後半は山田が3点目を挙げ、ハットトリックを達成した。
 ◇県勢の成績
 ▽1部12節
 ▽2部12節

関連キーワード

PR情報