本文へ移動

男性乳がん、救いの一歩は知ること 偏見解消へ思い込め啓発バッジ

2021年11月10日 16時00分 (11月10日 16時00分更新)
ピンクリボンに帽子と靴を組み合わせた男性乳がんの啓発ピンバッジ=キャンサーネットジャパン提供

ピンクリボンに帽子と靴を組み合わせた男性乳がんの啓発ピンバッジ=キャンサーネットジャパン提供

  • ピンクリボンに帽子と靴を組み合わせた男性乳がんの啓発ピンバッジ=キャンサーネットジャパン提供
  • 男性乳がんを経験した野口晃一郎さん=本人提供
  • ピンバッジをデザインした前田小絵子さん=東京都世田谷区で
 乳がんの早期発見を呼びかけるピンクリボンに、黒の帽子と靴を組み合わせた「男性乳がん」の啓発ピンバッジが好評だ。男性にも乳頭や乳腺はあり、乳がんになることがある。ただ患者数は少なく、孤立しがちだ。あまり知られていないがゆえに偏見もあるという。当事者の患者たちとともにデザインを手がけた女性イラストレーターが、小さなピンバッジに込めた願いとは−。 (石川修巳)
 岐阜県池田町のフリーライター、野口晃一郎さん(46)は、乳がんと診断され、二〇一七年に左胸を切除した。「不安だし、孤独。乳腺外科はほとんどが女性で、『アウェー感』が半端なかった」と振り返る。
 乳頭が陥没し、チクチクする痛みもあった。取材の仕事で偶然、男性も乳がんになることを知って受診につながったという。「早期発見でした。私のように、男性乳がんの存在を知ることが、『自分ももしかして…』と気づくチャンスになる」と野口さん。
 がん患者らを支援するNPO法人「キャンサーネットジャパン」(東京都文京区)は、三年前から男性乳がん患者の交流会「メンズBC(ブレスト・キャンサー)」を開催。サポーターとして参加するNTT東日本関東病院の沢田晃暢(てる...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

関連キーワード

おすすめ情報

社会の新着

記事一覧