本文へ移動

<みんなトモダチ 笹川中央幼稚園の1年> 運動会(上) 10月、チーム名の話し合い

2021年11月10日 05時00分 (11月10日 12時28分更新)
話し合いをする5歳児クラスの園児と村田教諭(右)。ホワイトボードにはチーム名の候補とその絵が描かれている=四日市市笹川3の笹川中央幼稚園で

話し合いをする5歳児クラスの園児と村田教諭(右)。ホワイトボードにはチーム名の候補とその絵が描かれている=四日市市笹川3の笹川中央幼稚園で

  • 話し合いをする5歳児クラスの園児と村田教諭(右)。ホワイトボードにはチーム名の候補とその絵が描かれている=四日市市笹川3の笹川中央幼稚園で
  • リレーの練習に励む5歳児クラスの園児=四日市市笹川3の笹川中央幼稚園で
 県内に発令されていた緊急事態宣言が解除された10月。笹川中央幼稚園(四日市市笹川3)では予定通り、16日に運動会が開かれた。同幼稚園はブラジル籍など南米を中心に外国籍の園児が7割を占め、大半は入園して初めて日本語に触れた子どもたちだ。楽しい運動会の裏には、日本語を学んだり、多文化共生への思いを形にしたりする取り組みがあった。 (神尾大樹)...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

関連キーワード

おすすめ情報

三重の新着

記事一覧