本文へ移動

名駅のナナちゃん、3週間ほど「お化粧直し」

2021年11月9日 22時14分 (11月12日 11時15分更新)
 名古屋・名駅の名鉄百貨店本店前に立つ巨大なマネキン「ナナちゃん人形」が、全身を補修する「お化粧直し」のため3週間ほど名駅前を離れる。9日、身長6.1メートルのナナちゃんの解体作業が行われ、7つのパーツに分解された。開店67周年を迎える12月1日に合わせて再登場する。
 解体したパーツは京都市の業者に搬送された。1973年4月に設置されたナナちゃんが名駅前を離れるのは周辺工事で移動させた2006年10月以来。不在の間は、同じポーズをする身長1メートルの妹の人形「ミナちゃん」が留守を預かる。

解体される前のナナちゃん人形

全身の補修作業のため、解体されるナナちゃん人形

ナナちゃん人形が撤去され、代わりに置かれたミナちゃん人形

関連キーワード

おすすめ情報

社会の新着

記事一覧