本文へ移動

【中日】山井投手コーチの教え『リズム&スムーズ』守ったら…梅津晃大「バランス良くなりました」

2021年11月9日 18時45分

このエントリーをはてなブックマークに追加
ブルペンで投球練習する梅津

ブルペンで投球練習する梅津

◇9日 中日秋季キャンプ(ナゴヤ球場)
 中日・梅津晃大投手(25)はブルペン投球後、山井2軍投手コーチとキャッチボール。実戦さながらの強度で20分近く投げ続け、フォーム固めに励んだ。指導されたのは、フォームのリズムと、スムーズに投げることの大切さだ。
 「そこを意識すると、全体のバランスが良くなり、大きなコントロールミスも少なくなりました。これからのキャッチボールでも、意識してやっていきたいです」。今季は3試合で防御率1・59も、制球難が響き、トータルで11イニング3分の1を投げただけで未勝利。課題克服を誓った。
おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ