本文へ移動

後期高齢者の医療費が47億円減少 県広域連合議会

2021年11月9日 05時00分 (11月9日 05時00分更新)
 県後期高齢者医療広域連合議会の定例会が五日、福井市の県自治会館であった。広域連合長の東村新一福井市長が、同連合が支払った二〇二〇年度の後期高齢者の医療費が九百八十八億二千万円となり、一九年度比で四十七億六千万円(4・6%)減となったことなどを報告した。...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

関連キーワード

おすすめ情報