本文へ移動

愛知県、稲沢・稲沢東・尾西高を統合 津島北と海翔も

2021年11月8日 14時00分 (11月8日 15時30分更新)
 愛知県の大村秀章知事は8日、県立高校の稲沢、稲沢東(ともに稲沢市)、尾西(一宮市)の3校を2023年度に統合すると発表した。津島北(津島市)、海翔(弥富市)を25年度までに統合することも明らかにした。
 高校の入学者数が22年度と比べて、35年度は1万3千人程度減ることを踏まえた県立高再編将来構想の一環。
 稲沢、稲沢東、尾西の3校は統合後、稲沢の校舎を利用する。農業科を4クラス、普通科を3クラスとする予定。
 津島北と海翔は、津島北の校舎を利用し、普通科2クラス、商業科3クラス、福祉科1クラスとする予定。23年度から海翔の普通科に新入生を受け入れず、津島北で受け入れる。福祉科は実習施設の整備が必要なため、24年度までは海翔へ通う。
 犬山南(犬山市)は23年度に校名を変更する。デジタル社会や、新たな産業に関わる起業に対応できる人材育成を目指す学科への改編も行う。
 御津(豊川市)も同年度に校名を変え、外国にルーツがある生徒らに日本語の習得などのきめ細かい指導をするために少人数教育を導入。単位制へ改編し、昼間定時制課程を併置する。

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

関連キーワード

おすすめ情報