本文へ移動

<食リポ> 名古屋で楽しむモンゴル料理

2021年11月8日 05時00分 (11月8日 11時17分更新)
ホルホグ(右)、ブーズ(左)とモンゴル風焼きうどん=名古屋市中区栄4のシンキローで

ホルホグ(右)、ブーズ(左)とモンゴル風焼きうどん=名古屋市中区栄4のシンキローで

  • ホルホグ(右)、ブーズ(左)とモンゴル風焼きうどん=名古屋市中区栄4のシンキローで
  • 「ゲル」風の店内で馬頭琴の演奏に聴き入る客ら=名古屋市中区栄四のシンキローで
 かつて遊牧民が馬で駆け回り、文化が行き交ったモンゴルの大草原。紀元前の中央ユーラシアを研究していた記者は、在学中に新型コロナウイルス禍に見舞われ、モンゴルやロシアでの調査はかないませんでした。せめて食だけでも本場を味わいたい! 名古屋市内のモンゴル料理店の扉をたたきました。 (鈴木沙弥)...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

関連キーワード

おすすめ情報

愛知の新着

記事一覧