球団苦しい現況 社長が動画で吐露

2020年4月25日 02時00分 (5月27日 05時10分更新)

ワイラプTVで球団の現況と意気込みを語る小松原社長

 野球の独立リーグ「BCリーグ」の福井ワイルドラプターズの小松原鉄平社長が二十三日、球団の動画配信事業「ワイラプTV」内で現況を伝えた。新型コロナウイルスの影響でリーグ開幕が見通せず、苦しい台所事情を吐露した。
 リーグは今季、四月十一日の開幕を予定していたが、延期が重なり、現在は五月中旬以降を目指すとしている。これを受け、当初見込んでいたチケット収入は得られず「選手報酬をはじめとした人件費に関してはただただ出る」と明かした。
 加えて、企業の業績悪化や外出自粛ムードの高まりを受け営業活動は満足にできず、新規のスポンサー獲得も思ったようにできていないという。小松原社長は「個人やスポンサーの協力もあって運営できている。何とか一年でつぶすということは避けたい」と強調。「ワイラプTVやほかの方法でも地域や社会の役に立って収入を得たい」と描いた。 (谷出知謙)

関連キーワード

PR情報

福井ワイルドラプターズの最新ニュース

記事一覧