本文へ移動

2連敗でCS終了の阪神にSNSでもファンの嘆きあふれる「後半戦を象徴する2試合」「連敗は情けない」

2021年11月7日 18時41分

このエントリーをはてなブックマークに追加
試合後、ファンにあいさつする阪神・矢野監督(右)と井上ヘッドコーチ

試合後、ファンにあいさつする阪神・矢野監督(右)と井上ヘッドコーチ

◇7日 セ・リーグCSファーストステージ第2戦 阪神2―4巨人(甲子園)
 レギュラーシーズンは優勝したヤクルトとゲーム差ゼロだった2位阪神が、ファーストステージで巨人に連敗した。SNSでは「阪神タイガース」がトレンド入り。「今季後半戦を象徴する2試合」「ほんとのほんとに今季終わりました。巨人に連敗は情けない」「負けました。悔しい」など、虎ファンの嘆きがあふれた。
 ツイッター上では「世代交代が成功。ルーキー達が躍動。久々の優勝争い参入。充実したシーズンでした」「今年1年楽しませてありがとう。生きてるうちに優勝みたいです」と優勝争いを続けた今季を前向きにとらえる声も多かった。
 その一方で「最後の最後までエラーで失点やった。降板する投手気の毒。何より巨人に負けたのが悔しすぎる」「この大一番で自責0の4失点。そして残塁祭り。阪神の悪いとこ全部出てます」「今年の阪神タイガース。強かったよ! 強かったんだよ! エラーが多かっただけなんだ」など、悔しさのにじむコメントがやむことはなかった。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ