本文へ移動

【J1名古屋】柿谷曜一朗J1で通算50ゴール目も…仙台に追いつかれACL争い痛いドロー

2021年11月7日 15時55分

このエントリーをはてなブックマークに追加
FW柿谷曜一朗

FW柿谷曜一朗

◇7日 J1第35節 仙台1―1名古屋(ユアテックスタジアム仙台)
 名古屋グランパスが、FW柿谷曜一朗(31)のJ1通算50ゴールで先制するも、後半開始早々に追いつかれ、痛い引き分け。3位神戸との勝ち点差は5となり、来季のアジア・チャンピオンズリーグ(ACL)出場権が懸かる3位が遠のいた。
 前半14分、FW相馬勇紀(24)のグラウンダーの左クロスをFW前田直輝(26)がペナルティーエリア中央で受けてキープ。足裏で後ろに転がしてパスを出すと、柿谷が滑りながら押し込み、先制に成功した。
 一方、降格圏に沈み、どうしても勝ち点が欲しい仙台に、後半2分にミドルシュートを打ち込まれ失点。FWシュヴィルツォク(28)を投入するなど打開を図ったが、追加点は奪えなかった。
 6日に54歳となったマッシモ・フィッカデンティ監督の1日遅れの誕生日プレゼントは贈れなかった。
おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ