本文へ移動

【東京新馬4R】セッカチケーン勝負根性を見せて新馬V 鞍上津村「センスのいい馬、追ってからが良かった」

2021年11月7日 15時37分

このエントリーをはてなブックマークに追加
ワンダーウィルクを突き放すセッカチケーン(右)

ワンダーウィルクを突き放すセッカチケーン(右)

  • ワンダーウィルクを突き放すセッカチケーン(右)
  • デビュー戦を勝利したセッカチケーン
 東京4Rの新馬戦(ダート1600メートル)は4番人気のセッカチケーン(牡2歳、父ジョーカプチーノ、母ハリケーンタマ、美浦・高柳瑞)が3番手から先行2頭をかわすと一度は並びかけてきた2着馬を最後に突き放す勝負根性を見せて新馬Vを決めた。
 津村は「センスのいい馬。追ってからが良かったですね」と満足げに話すと、高柳瑞師は「(2着馬に)突かれて気が入りましたね。次は馬の様子を見てから決めたい」と話した。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ