本文へ移動

【東京新馬6R】1番人気のラコンタールが強烈な末脚を発揮し快勝!鞍上戸崎「いいものを見せてくれた」

2021年11月7日 15時18分

このエントリーをはてなブックマークに追加
ルージュライゼを突き放すラコンタール(右)

ルージュライゼを突き放すラコンタール(右)

 東京6Rの新馬戦(芝1400メートル)は好スタートを決めて中団で待機した1番人気のラコンタール(牡2歳、父ロードカナロア、母リュラ、美浦・国枝)が、直線で外から強烈な末脚を発揮して快勝した。
 戸崎は「追い切りでも動いていたし、最後の切れもいいものを見せてくれた。これからが楽しみ」と絶賛。国枝師は「初戦としては内容十分。行ってしまうかと思っていたら落ち着いて走れていたしね。距離は徐々に延ばしていきたい」と高い評価だった。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ