本文へ移動

【中部実業団駅伝】トヨタ紡織が最終7区で逆転優勝 トヨタ自動車8連覇ならず

2021年11月7日 14時30分

このエントリーをはてなブックマークに追加
笑顔でゴールするトヨタ紡織のアンカー小野田

笑顔でゴールするトヨタ紡織のアンカー小野田

◇7日 第61回中部実業団/第51回北陸実業団対抗駅伝競走大会(愛知県田原市・はなとき通り発着=7区間計80・5キロ)
 8チームによる中部実業団はトヨタ紡織が最終7区で逆転し、3時間54分16秒で8年ぶり5度目(アラコ時代を含む)の優勝を飾った。トヨタ紡織は5区でトヨタ自動車に先頭を譲ったが、23秒差に追い上げて最終7区へ。小野田勇次(25)が前半から積極的な走りを見せ、4キロ手前で逆転し、そのままゴールテープを切った。
 8連覇を目指したトヨタ自動車は3区・西山雄介(27)、4区・太田智樹(24)5区・田中秀幸(31)の連続区間賞で最大2分19秒差をはね返して先頭に立ったが、逃げ切れなかった。6位までに入ったトヨタ紡織、トヨタ自動車、愛三工業、NTN、トーエネック、中央発條がニューイヤー駅伝に出場する。
 3チームによる北陸実業団はYKK(富山)が1~4区の連続区間新で勢いに乗り、3時間59分10秒で優勝。ニューイヤー駅伝の切符をつかんだ。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ