本文へ移動

【パCS】10戦連続白星なしも楽天は第3戦に持ち込めば田中将大に託す!「CSは別もの」戦闘準備進める

2021年11月7日 13時50分

このエントリーをはてなブックマークに追加
キャッチボールする楽天・田中将

キャッチボールする楽天・田中将

◇7日 パ・リーグCSファーストステージ第2戦 ロッテ―楽天(ZOZOマリン)
 楽天が第3戦に持ち込んだ場合の先発が予想さる田中将大投手(33)は、キャッチボールなどで軽めの調整をした。レギュラーシーズン終了後に「CSになれば別ものだと思うので、勢いに乗ったもんがち。しっかりと切り替えていい準備してCSに入っていけるようやっていければいい」と話しており、順調に準備を進めてきた。
 シーズン最終登板となった10月25日のオリックス戦から2週間が経過。調整のポイントについては「スピードも一つの指標にはなりますけど、その中でもしっかりと腕を振って制球できるのか、指にしっかりかかっているのか。打ちづらくないと意味がないので、そこをまた追求して次の登板に向けてやっていきたい」と語っていた。シーズンは10戦連続白星なしで終えたが、その影響はなし。第3戦の登板がある信じてその時を待つ。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ