本文へ移動

「おごりが全くないのがいい」元広島選手が攻守で存在感、静岡ガスが好発進【中部日本都市対抗軟式野球】

2021年11月6日 22時45分

このエントリーをはてなブックマークに追加
静岡ガスの木村聡司

静岡ガスの木村聡司

 第66回中部日本都市対抗軟式野球大会(中日新聞社共催)第1日は6日、愛知県豊川市野球場ほかで1回戦5試合があり、開幕戦で前回優勝の静岡ガス(静岡)が4―1で伏木海陸運送(富山)を下し、好発進した。静岡ガスは元広島の木村聡司外野手(25)が攻守で存在感を発揮した。
   ◇   ◇
 連覇を狙う静岡ガスがそつなく初戦をゲット。この大会は初めてとなる2年目の木村が存在感を見せつけた。木村は2014年のドラフト育成2位で静岡・常葉橘高(現常葉大橘高)からプロ入り。退団後の20年4月に静岡ガスへ入社した期待の内野手だ。この日は7番、右翼手として先発した。
 いつもは中軸を任されているものの打撃が下降気味で無安打。それでも攻守で随所にプロの技を発揮した。車谷監督は「とにかく一生懸命でチームに順応しようと努力している。元プロのおごりが全くないのがいい」と評価している。
 木村の売りはもう一つある。静岡・富士市の広見BBCに所属していた小学6年時にプロ野球12球団Jr.トーナメントの中日Jr.に選抜され、投手、内野手としてチーム初の日本一に輝いた。「誰が将来はプロに行って活躍するか刺激し合っていた。負けないように頑張った」と笑顔で振り返る。
 静岡ガスは元プロアスリートのセカンドキャリア獲得応援に企業として取り組んでいる。木村は「同じ野球でも硬式と軟式は全然違いますが、この機会を生かしたい」と前を向いた。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ