本文へ移動

米粉スイーツ×古民家、立命大生が催し 20・21日、大津でカフェ

2021年11月7日 05時00分 (11月7日 05時00分更新)
イベントをPRする立命館大の学生=大津市内で

イベントをPRする立命館大の学生=大津市内で

 立命館大経済学部(草津市)の学生が二十、二十一の両日に、大津市内の築百年前後の古民家で、米粉で作ったスイーツを楽しむ催し「こめこみんかふぇ」を開く。水田や古民家が織りなす日本の原風景の継承を目指すプロジェクトの一環として取り組む。 (堀尾法道)...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

関連キーワード

おすすめ情報

滋賀の新着

記事一覧