本文へ移動

起業家 小幡和輝さん

2021年11月7日 05時00分 (11月7日 05時00分更新)
小幡和輝さん(本人提供)

小幡和輝さん(本人提供)

 僕は小学二年から中学卒業まで不登校でした。学校は時間割が決まっていて、好きなことができない。運動が苦手で、体育も外遊びも嫌い。食べ物の好き嫌いも多くて、給食も楽しくない。今振り返っても嫌な記憶しかありません。
 幼稚園から行き渋りがありました。小学二年の半ばごろには「行きたくない」という気持ちが明確に。最初は、親に許してもらえず、毎朝けんかしていました。父は中学・高校の先生、母は教育熱心で、二人とも勉強も運動もできたそう。だから、学校に行きたくない僕のことをどうしたらいいのか分からなかったんだと思います。「行きたくない」が明確なのに行かなければならず、それ以外の選択肢がない。休む前は、毎日死にたい思いがあった。この時期が一番つらかったです。
 親が認めてくれたきっかけは、いじめだったと思います。学校を休みがちになって、「なんで来ないのか。ずる休みだ」と同級生に殴られた。さすがに親も「いじめられてまで学校に行くのは」と思ったようです。休んでもいいと堂々と認めてくれたわけではなく、諦めた。小学二年の冬休みが明けてから、行かなくなりました。
 行かなくなって、僕はめちゃくちゃ明るくなった。一年後...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

関連キーワード

おすすめ情報