ぎっしり敷き詰める 松茸釜めし 「釜蔵」 鯖江市柳町4丁目521

2018年10月5日 02時00分 (5月27日 05時10分更新)

マツタケがたっぷり入った「松茸釜めし」

 ふたを開けると湯気とともに、秋の味覚の風格ある香りが広がる季節限定の「松茸(マツタケ)釜めし」。
 表面は、卵と一緒にぎっしりとマツタケが敷き詰められている。しゃもじでご飯を返せば、程よいお焦げのご飯と、その中に隠れていたマツタケがこれでもかと言わんばかりにぜいたくに顔を出す。
 具材に負けないご飯は、県産のコシヒカリを使い、ダシは、開店当初から変わらない味を守る。最も重要なのは火加減。食材によってダシの量も微妙に変わるとあって、炊き場では職人がつきっきりで、釜一つ一つの細かな火の調整をする。
 季節限定を合わせて三十種ほどメニューがそろう。香りと食感が楽しめる「ごぼう」、あっさりの「梅しらす」は女性に人気。福井名物の「へしこ」に「焼さば」も県内外の客に喜ばれる。 (写真・文 蓮覚寺宏絵)
 【メモ】秋の限定には「松茸」2160円、「焼き鮭といくら」2980円などがある。その他に福井名物の「へしこ」「焼さば」各1380円、女性に人気の「ごぼう」1080円、「梅しらす」1280円などがあり、すべての釜飯に煮もの、みそ汁、漬物が付く。営業時間は、月~金曜日が午前11時~午後2時、午後5時~ラストオーダー同9時。土、日、祝日が午前11時~ラストオーダー午後9時。毎週木曜日定休。刺し身、天ぷらなどをセットにした宴会も可能(8名以上で無料送迎バスあり)。(電)0778(52)2846

関連キーワード

PR情報

デリ写(シャ)スの最新ニュース

記事一覧