かむほど味出るカモ 京鴨南蛮そば「木の芽屋」 福井市小山谷町33-4-14

2018年9月21日 02時00分 (5月27日 05時10分更新)

やわらかい肉質と香ばしい香りが広がり、そばと相性抜群の京鴨南蛮そば

 朝晩がめっきり秋らしい陽気になり、温かいそばがおいしい季節がやって来たが、足羽山で二〇一六年秋に発売開始以来、独特の調理法の「京鴨(かも)南蛮そば」が人気だ。
 京都で厳選されて育てられたカモを高熱で一気に薫製して香り付けする。オリーブオイルに漬けて二時間ほど七〇度以下で低温調理することで火が通り過ぎず軟らかい肉質になる。
 一口食べるとまず驚かされるのが肉の柔らかさ。かむほどに味が出る。そして香ばしい香りが鼻に抜けていく。しつこくないカモの脂が溶け込んだだしがからまったそばとの相性は抜群だ。
 そばは玄そばから脱皮して石臼でひく。こだわりを持って調理する店主の味を求めて遠路から何度も足を運ぶ客も多い。
 福井市の“奥座敷”で、伝統を守りながら新しい味に挑戦するもてなしに触れてみてはいかが。 (写真・文 福田正美)
 【メモ】京鴨(かも)南蛮そば(秋冬限定で時期はホームページなどでお知らせ)1300円、お山の名物セット(木の芽おでん5本、木の芽でんがく3本)590円、チーズ味噌(みそ)でんがく(3本、ゴルゴンゾーラ使用)320円、きのこ山椒(さんしょう)おろしそば720円、そばの実アイスブリュレ320円、石びきそば団子(3本)420円(すべて税込み)など。営業時期は3月~11月の最終日曜まで無休。営業時間は午前11時~午後4時。花見期間は予約に応じ9時まで営業。駐車場あり。(電)0776(35)2607

関連キーワード

PR情報

デリ写(シャ)スの最新ニュース

記事一覧