鮮やかな十二単イメージ お市そば「福そば」 福井市中央1-22-1

2020年1月24日 02時00分 (5月27日 05時10分更新)

5つの味が楽しめる「お市そば」と「ミニソースカツ丼」=福井市中央1の福そばで

 受験シーズン真っただ中。受験生の中には、最後は験担ぎ、という人も多いのではないだろうか。
 かつて越前の国を治めた柴田勝家の妻、お市や色鮮やかな十二単(ひとえ)をイメージした「お市そば」は、おろし、めんたいこ、小エビ天の他に納豆、とろろの二つのネバネバとした食感の具材がそばを彩る。
 県産や北海道産のソバの実をまるごと石臼でひいたそば粉を使って手打ちされたそばは独特の食感で、素材が持つ本来の味を楽しめる。うるめ節、さば節、めじか節をふんだんに使った香り高い自家製和風だしは、そばはもちろん、納豆やとろろとの相性も抜群で箸が進む。自慢の自家製ソースや県産米を使ったソースカツ丼も人気だ。
 まだまだ続く受験シーズン。「最後まで粘って、勝つ」ネバネバとしたそばとソースカツ丼のコンビが受験生を後押しする。 (写真・文 山田陽)
 【メモ】お市そば1200円、ミニソースカツ丼700円、炒めうどん定食1000円、鴨南蛮そば1250円などがある。いずれも税込み。営業時間は午前11時~午後9時。水曜定休。近隣の駐車場を使用。(問)0776(22)4640

関連キーワード

PR情報

デリ写(シャ)スの最新ニュース

記事一覧