「地元の味」を2口で 串いなり 「いなり屋一咲」 鯖江市五郎丸町102-1堀ビル1階

2020年5月15日 02時00分 (5月27日 05時10分更新)

個性的な見た目に店主のこだわりが詰まった串いなり

 使用する食材と調味料は全て無添加。素材にこだわったいなりずし専門店が話題を集めている。
 気軽に食べてほしいとの思いから考案された看板メニューの「串いなり」は一口大のいなりずしを二個ずつ串に刺した見た目にも楽しい一品。鯖江市の契約農家が無農薬で育てるハナエチゼンと赤酢で作る赤シャリを独自の手法でとっただしのうま味がたっぷり染み込んだお揚げが包み込む。
 おにぎりのような感覚で選べる味は福井梅やへしこ、山うになど県内の特産品にちなんだ八種類から選べる。人気はシンプルな金ゴマと肉のうま味が味わえる若狭牛で、売り切れない日が無いほどと言う。
 県外出身の店主は「福井には素晴らしい食材が多くある。串いなりを通じて地元の方に気付いてほしい」と語る。店主の思いがこもった逸品を味わってみては。 (写真・文 山田陽)
 【メモ】持ち帰り専門。串いなりは月替わりで8種類の味が用意される。金ゴマ味160円、山うにちりめん味240円、おぼろ昆布味190円、へしこ味270円、若狭牛味340円などがある。いずれも税込み。営業時間は午前10時半~午後5時半(完売次第閉店)毎週火曜、第1、3水曜定休。店前に駐車場あり。(問)080(8995)2204

関連キーワード

PR情報

デリ写(シャ)スの最新ニュース

記事一覧