本文へ移動

早大・篠原が優勝決めるV打「この冬が勝負」正捕手「背番号6」争いに名乗り【東京六大学野球秋季新人戦】

2021年11月4日 19時22分

このエントリーをはてなブックマークに追加
将来の正捕手へ、新人戦優勝を決める決勝打でを放った早大の篠原優捕手

将来の正捕手へ、新人戦優勝を決める決勝打でを放った早大の篠原優捕手

 ◇4日 東京六大学野球秋季フレッシュトーナメント決勝 早大3―2法大(神宮)
 早大は6季ぶり31度目の新人戦優勝。5番スタメンの篠原優捕手(2年・早大学院)が7回2死一塁で左中間に勝ち越しの決勝二塁打。1回の先制打と合わせて2安打2打点で「リーグ戦が慶応の優勝で終わったので自分たちは何としてもと思った。真っすぐにしぼって打ちました」と胸を張った。
 攻守でチームを盛り上げた。殊勲の二塁ベース上では、わしづかみの形にした両手のひらを前に出す「ガオー」ポーズ。「先輩方もリーグ戦でやっていたので盛り上げようと思って、とりあえずやってみました」。ピンチをしのぐと、笑顔で投手を迎えた。「きょうを最後に学生コーチになる(同学年の)肥田のためにも勝ちたかった」とおとこ気も見せた。
 今秋で引退の4年生レギュラー捕手の岩本の後継争いにも名乗り出た。早稲田の正捕手の背番号は6。「1つ下にスポーツ推薦で入ってきた捕手もいて競争は大変ですが6番をつけるのが目標。この冬が勝負。持ち味の守備力を磨いてアピールしていきたい」と、この日「26」だった背番号の「2」を取り去ることを誓った。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ