本文へ移動

華原朋美、20代から恨みを抱く女性の存在 「確かに悔しかったもんな、あの時…」そして涙

2021年11月4日 13時44分

このエントリーをはてなブックマークに追加
華原朋美

華原朋美

 歌手の華原朋美(47)が3日、フジテレビ系占いバラエティー「突然ですが占ってもいいですか?」に出演。ある女性のことを20代から恨んでいると告白した。
 占い師木下レオンさんから「25歳くらいから今までも朋さんはある女性に負けたくないと思っている。そしてその女性のことを恨んでいる」と指摘されと「確かに悔しかったもんな、あの時」と口元を覆って認めた。
 その女性の正体を木下さんが「当時の華原朋美さんご自身」と明かすと涙ぐみながらうなずき、「華原朋美じゃなかったらあんな捨てられ方はしなかったし。私が華原朋美じゃなかったら家族に迷惑をかけることもなかったし、世間を騒がせることもなかった」と苦しそうに話した。
 さらに「なんで私は華原朋美なんだって何度も何度も自分に問い掛けてきました」と明かし、「華原朋美として走りだしちゃったから、もう辞められない。引退したいって何度も思ったことあるけど、でも負けたくない」と言い切った。
 その後も「私なんかいなければよかったのにって、今まで何度も何度も思ってきた」と吐露。共演者が華原の歌で救われた人がたくさんいると言うと「私は救われなかった。自分で歌ってきても、自分自身が救われなかった」と歌姫として注目を浴びた自身の過去を否定し、涙した。
 また支え続けてくれた自身の母親に感謝し、母親が女の子の孫が欲しいと望んでいるため「女の子産んでお母さんにだっこさせてあげたい」と自身の夢を語った。木下さんから「まずは華原朋美さんを許して」「当時の彼女を愛して」と助言されると、「わかりました」とうなずいた。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ