本文へ移動

中日1位指名の上武大ブライト健太 9回サヨナラ負けで大学野球生活に幕【関東大学選手権】

2021年11月3日 20時55分

このエントリーをはてなブックマークに追加
7回表上武大1死一、二塁、空振り三振に倒れ、悔しがるブライト健太

7回表上武大1死一、二塁、空振り三振に倒れ、悔しがるブライト健太

◇3日 関東大学選手権大会準決勝 上武大2―4神奈川大(横浜スタジアム)
 中日からドラフト1位指名された上武大のブライト健太外野手(22)が「4番・中堅」でスタメン出場し、4打数1安打。チームは9回にサヨナラ負けを喫し、明治神宮大会(20日開幕)出場はかなわなかった。目標の日本一には届かずに、ブライトの大学野球生活は幕を閉じた。
 初回無死二、三塁、7回1死一、二塁の好機で三振を喫するなど、チームを勝利に導くことができなかったブライトは「悔しいです。今日の負けは全部自分のせい。申し訳ない」と涙を流した。
おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ