本文へ移動

アンカツ安藤勝己さん「オメガパフューム本領発揮は次走やね」JBCを分析「今年は騎手の腕と読み」

2021年11月3日 19時25分

このエントリーをはてなブックマークに追加
安藤勝己さん

安藤勝己さん

 元笠松、JRA騎手で競馬評論家の安藤勝己さん(61)が3日、ツイッターを更新。「ダート競馬の祭典」として金沢競馬場で行われたJBCクラシック(Jpn1)を回顧した。
 レースは好位で進めた船橋所属の6番人気ミューチャリーが最終コーナーを通過したところで先頭に立ち、中央のオメガパフューム、チュウワウィザードの追い込みを振り切った。
 安藤さんは「小回りかつ例年と傾向も違っているところがあったので、今年のJBCは騎手の腕と読みがモノを言った。とりわけミューチャリーはデキの良さといい、金沢だからこそ手にできた戴冠」と分析。「(1番人気4着)テーオーケインズはあのスタート後に動かしたのが勿体なかった。(2着)オメガパフューム、(3着)チュウワウィザードも本領発揮は次走やね」とそれぞれ評価した。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ