本文へ移動

【FC東京】アダイウトン昨季の8得点に並ぶ「去年よりいい成績出してサポーターに喜んでもらいたい」

2021年11月3日 18時31分

このエントリーをはてなブックマークに追加
FC東京―清水 前半、先制ゴールを決めるFC東京のアダイウトン(中央)

FC東京―清水 前半、先制ゴールを決めるFC東京のアダイウトン(中央)

◇3日 J1第34節 FC東京4―0清水(味の素スタジアム)
 ホーム・味スタが5試合ぶりの勝利に沸いた。今季最多タイの4得点での快勝で、リーグ戦の連敗を3で止めた。
 ゴールショーの口火を切ったのは背番号15だった。開始7分、FWアダイウトンがMF安部とのワンツーから左足を振り抜き、先制のゴールを奪った。これで昨季の8得点に並んだアダイウトンは「もちろんゴールを決めたいし、去年よりもいい成績を出してサポーターにも喜んでもらいたい」と口にした。
 ここから清水のお株を奪うように、セットプレーから得点を重ねた。前半12分、24分、さらに後半42分とゴールを揺らす大勝劇だった。試合後、長谷川健太監督(56)は「こういう気持ちのこもった試合を残り4試合もしていきたい。非常に多くのサポーターが来てくれて選手の背中を押してくれた。味スタで熱い試合を残りの試合もできるようにいい準備していきたい」と言葉に力を込めた。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ