本文へ移動

名古屋グランパス、堅守復活!! 柏に2―0、ACL出場へ勝ち点3確保

2021年11月3日 16時56分

このエントリーをはてなブックマークに追加
前半、先制ゴールを決める名古屋・シュビルツォク

前半、先制ゴールを決める名古屋・シュビルツォク

◇3日 J1第34節 名古屋2―0柏(豊田スタジアム)
 名古屋グランパスが快勝し、来季のアジア・チャンピオンズリーグ(ACL)出場圏が確定する3位以内進出へ向け、“虎の子”の勝ち点3を確保した。
 試合開始早々にシュートを打たれるなど、柏の時間帯をつくられたが、堅守でゴールを守った。逆に前半34分、FWシュビルツォクがMF稲垣祥とのコンビネーションで守備を崩すと、最後はシュビルツォクが相手のGKが横跳びするのを冷静に待ってから押し込み、先制点を奪った。
 得意のかたちに持ち込み、試合を名古屋ペースで進めた。後半26分には右CKからDF中谷進之介が華麗なヘッドをねじ込み、古巣に成長を見せる追加点を奪った。
 名古屋は、これで今季の無失点試合が20試合に。9月26日の大分戦(豊田ス)で更新したJ1記録をさらに塗り替えた。
おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ