本文へ移動

【中日】中村紀洋打撃コーチに石川昂育成の『特命』 監督お墨付きの手腕が「日本を代表する打者になる」と太鼓判

2021年11月3日 06時00分

このエントリーをはてなブックマークに追加
契約を結び、就任会見する中村紀洋打撃コーチ

契約を結び、就任会見する中村紀洋打撃コーチ

 中日の来季打撃コーチを務める中村紀洋さん(48)が2日、名古屋市内の球団事務所を訪れ正式契約を結んだ。立浪和義監督(52)から、来季3年目を迎える石川昂弥内野手(20)の育成を託された中村コーチは「日本を代表する打者になれる」と将来性に太鼓判を押した。また、片岡篤史2軍監督(52)、西山秀二バッテリーコーチ(54)、大西崇之外野守備走塁コーチ(50)、森野将彦打撃コーチ(43)、山井大介2軍投手コーチ(43)とも契約を結んだ。
 立浪監督から打撃コーチ就任を打診された際の文句はズバリ「石川君を育ててほしい」。その瞬間たぎるものがあった。会見に臨んだ中村コーチは「それを真っ先に言われました。分かりましたと即答しました。早速秋季キャンプから見てみたいですね」と気合の入った表情で語った。
 通算404発を誇る中村コーチの目に、今の石川昂はどう映っているのか。「素材が良いですね。日本を代表するバッターになるはずです。あとは本人の意志。意志がかなり重要です」。広いバンテリンでも20本、いや30本放り込める可能性があると踏んでいる。「十分いけると思います」。メジャーでもプレーし、一時代を築いた強打者は将来性にお墨付きを与えた。
 4日スタートの秋季キャンプから直接指導にあたる。「高校時代から見てることは見てました。プロでどこまで伸びるか期待していたんですが、ケガが多いということで。もっと体を強くしていかないといけない」。今季は6月25日のウエスタン・リーグ阪神戦(鳴尾浜)で死球を受け左尺骨骨折。ようやく10月の「みやざきフェニックス・リーグ」で実戦復帰した。中村コーチは「1年間フルに戦える体力ですね。振る力さえつけば、むやみやたらに振らなくても考えながら振れるようになる。このキャンプが一番大事。コミュニケーションを取りながらやっていきたい」と語った。
 2017年春から浜松開誠館高の硬式野球部の非常勤コーチとして高校生の指導にあたってきた。「昔は強制的にというところがあったけど、今の子どもにはそれはできない。これをやったらこうなるという結果を先に教えてあげるとやる気も大きくなる。コミュニケーションを取りながらですね」。07年から2年間ともにプレーした立浪監督が「ノリは教えるのがうまい」と評する手腕にさらに幅が広がった。
 打線全体としても得点力不足から脱却が求められる。チーム打率、得点、本塁打はいずれもリーグワースト。「攻撃的にならないとダメ。見てても結果は出ない。攻撃して結果が悪かったら考えるという風にしていかないと。ストライクだけを打てるように準備をしていく」。
おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ