本文へ移動

【中日】片岡篤史・新2軍監督が会見、根尾に早速ハッパ「同年代のライバルにひけをとっている…そろそろ違う姿をみせてほしい」

2021年11月2日 11時09分

このエントリーをはてなブックマークに追加
就任会見する片岡篤史2軍監督

就任会見する片岡篤史2軍監督

 中日の来季2軍監督を務める片岡篤史さん(52)が2日、名古屋市内の球団事務所を訪れ、球団と契約を結んだ。
 会見に臨んだ片岡2軍監督は「新鮮な気持ち。身が引き締まる。ついにきたかという気持ち」と意気込みを語った。立浪監督とはPL学園高時代の同級生。「30年以上前に出会ってからいろいろな野球の話はずっとしてきた。監督も2軍が大切と言っている。しっかりレベルアップさせられるようにしたい」と語った。
 現役時代は日本ハム、阪神に在籍し、通算1425安打をマークした左の巧打者。引退後は2010―12年、16―18年に阪神の打撃コーチを務め、18年にはヘッドコーチを兼任と指導者としての経験も積んでいる。立浪さんとはPL学園で1987年の甲子園春夏連覇を達成した際のチームメートで気心も知れている。
 今季中日は打率、本塁打、得点がリーグワースト。得点力不足を解消するには根尾や石川昂ら若手の底上げが不可避。片岡2軍監督は根尾について「あれだけ騒がれて入って3年が終わった。同年代の小園、藤原に比べるとひけをとっている。同年代のライバルに負けるな。そろそろ違う姿をみせてほしい」と語り、早速ハッパをかけた。
おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ