本文へ移動

松阪豚と伊勢あかりのぽーく使ったレトルトカレー発売 高校生が共同開発

2021年11月2日 05時00分 (11月2日 11時42分更新)
県産ブランド豚を使ったカレーをPRする生徒たち=松阪市の山越畜産松阪豚専門店まつぶたで

県産ブランド豚を使ったカレーをPRする生徒たち=松阪市の山越畜産松阪豚専門店まつぶたで

 県立高校三校の生徒らが、県産ブランド肉の「松阪豚」と「伊勢あかりのぽーく」を使ったレトルトカレーを開発した。十月三十日から商品開発に携わった精肉店などで販売されている。 (清水悠莉子)
 昨年十月から三校の生徒と地元企業で約三十回の会議を重ね、完成させた。明野高(伊勢市)は伊勢あかりのぽーくの生産、相可高(多気町)はカレーのレシピを考案、松阪商業高(松阪市)は商品のパッケージや販促活動などを担当した。
 カレーは二種類のルーを一皿に盛り、...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

関連キーワード

おすすめ情報

三重の新着

記事一覧