本文へ移動

立浪竜は『茶髪、長髪、ヒゲ、禁止』京田も黒く染めて“風紀委員長”に「僕もしっかりします」【中日】

2021年11月2日 06時00分

このエントリーをはてなブックマークに追加
阿部(右)と話す京田

阿部(右)と話す京田

 中日・京田陽太内野手(27)が1日、禁止事項のチェック係になる考えを明かした。この日はナゴヤ球場で練習。白髪染めのために茶髪にしてきた背番号1は、2日に黒染めする。立浪和義監督(52)は10月29日の就任会見でナインに身だしなみを整えるよう注文していた。選手会長が風紀委員長も兼務して、まずは見た目でチームの引き締めを図る。
 竜戦士が新政権へ気持ちを新たにしたのは10月26日の今季最終戦だった。小笠原の規定投球回到達を喜び、宿舎へ足を運ぶ。今後のチーム日程を知らせるホワイトボードには、秋季キャンプの開始が11月4日だと分かる紙が貼られていた。その隣に書かれていたのは…。
 「茶髪、長髪、ヒゲ、禁止」
 この3項目を見れば、チームが2022年シーズンに動きだしたとハッキリ分かる。竜戦士にとって、与田竜から立浪竜へと頭の中が180度切り替わった瞬間だった。立浪監督は就任会見で「髪形も含めてキチッとした形でスタートする」と語った。
 京田にとっては、茶髪が禁止事項に引っ掛かる。元々、白髪が多い。白髪の悩みを隠すための茶髪。前政権ではルール内のスタイリッシュさも、次期政権では許されざるただのナルシシストに映る。
 規律を大切にしてきたアスリート集団だから、選手会長もすんなり受け入れた。「ルールですから。僕もしっかりします。ほかの選手がルールを破っているのなら、直せと言わなければいけません。みんなでお互いにチェックし合えるといいと思います」と風紀委員長の役割を担う意思を示した。
おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ