本文へ移動

毛織物の生産現場をPR 羽島と愛知・一宮で「ひつじサミット」

2021年11月1日 05時00分 (11月1日 09時18分更新)
生産現場を見学する松井市長(左)と中野市長(中)=羽島市正木町不破一色の三星毛糸で

生産現場を見学する松井市長(左)と中野市長(中)=羽島市正木町不破一色の三星毛糸で

 毛織物の生産が盛んな羽島市や愛知県一宮市の生産現場を知ってもらおうと「ひつじサミット尾州」が三十、三十一の両日、両市の繊維業者などを会場に開かれた。五十社以上が参加し、三十七カ所で工場見学やワークショップなど七十七のイベントを繰り広げた。...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

関連キーワード

おすすめ情報

岐阜の新着

記事一覧