本文へ移動

前の打者が申告敬遠…津商の樋尾が”燃えた”渾身の適時三塁打でチームを勝利に導く【高校野球・東海大会】

2021年10月30日 18時32分

このエントリーをはてなブックマークに追加
5回に2点適時三塁打を放ち、喜びを爆発させる津商の樋尾龍誠捕手

5回に2点適時三塁打を放ち、喜びを爆発させる津商の樋尾龍誠捕手

◇30日 高校野球 秋季東海大会1回戦 津商6―3中部大春日丘(愛知・岡崎市民球場)
 津商(三重2位)は1年生4番・樋尾の活躍で初戦を突破した。
 3―2で迎えた5回。前の打者が申告敬遠され、2死一、三塁で打席が回ってきた。「悔しい」と高ぶる感情を抑えながら内角のボール気味のスライダーにうまく対応。「追い込まれても練習通り打てました」と左越えの2点適時三塁打を放ち、三塁上で渾身(こんしん)のガッツポーズで喜びを爆発させた。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ