本文へ移動

津商が準々決勝へ 1年生4番・樋尾が2点三塁打 リトルシニアでの元中日・山崎武司さんの教えを生かす【高校野球東海大会】

2021年10月30日 13時54分

このエントリーをはてなブックマークに追加
5回に2点適時三塁打を放った津商の樋尾龍誠捕手(右)

5回に2点適時三塁打を放った津商の樋尾龍誠捕手(右)

◇30日 秋季高校野球東海地区大会1回戦 津商6―3中部大春日丘(愛知・岡崎市民)
 津商(三重2位)が中部大春日丘(愛知3位)を6―3で破り、8強入りを決めた。
 津商は0―0で迎えた4回、5番野島の右前適時打などで3点を先制。4回に2点を失い1点差に迫られるも、直後の攻撃で1年生4番・樋尾が2死一、三塁で内角のスライダーにうまく反応し、左越えの2点適時三塁打。続く野島も左翼への適時二塁打で続き、4点差に広げた。先発左腕・古田は粘りの投球で3失点完投した。
 樋尾は「ボール球だなと思ったけど、思い切っていった」と貴重な追加点となった第3打席を振り返った。中学時代には菰野朝上リトルシニアで毎月のように中日などで活躍した山崎武司さんから守備を中心に指導を受け、「『うまくみせようとせずに、泥くさく』と教えていただきました。今もいきています」と話した。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ