本文へ移動

【中日】立浪和義新監督「打つ方は1年間打てないと言われたが、必ず何とかします」就任会見一問一答その2

2021年10月29日 14時00分

このエントリーをはてなブックマークに追加
中日ドラゴンズの監督に就任し、記者会見する立浪和義さん(右)。左は大島オーナー

中日ドラゴンズの監督に就任し、記者会見する立浪和義さん(右)。左は大島オーナー

 中日の新監督に決まった球団OBで野球解説者の立浪和義さん(52)が29日、名古屋市内のホテルで就任会見に臨んだ。会見でも質疑応答をそつなくこなした。(一問一答その2)
  ◇  ◇  ◇
―立浪監督はどんなチームをつくりたいか
立浪新監督「今年まず投手陣がすごく良かったと評価されているが、野球はピッチャーが試合の8割を占めていくと自分は思っている。もう1度投手陣をしっかり整備して、センターラインを固めた、守り勝つだけではいけないが、そういった野球をできるように。打つ方は1年間打てないと言われたが、必ず何とかします」
―いまドラゴンズに必要なこと
「先ほども申し上げましたが、試合に対する、勝ちに対する執念、そういったことはしっかりと選手に植え付けたいと思う」
―理想の監督像
「あまりイメージがつかないが、星野監督から始まり、山田監督、高木監督、落合監督、素晴らしい指導者のもとで野球をやらせていただいた。たくさんいいところを見てきたので、教訓にするというか、頭に入れて指導したい。理想の監督像は自分でも思い浮かばないです」
―立浪さんの考える厳しさとは
「我々が入った時のような、当時の星野監督は厳しくて当たり前で、これだけ人は怒られるのかというくらい怒られた。それが今も通用するとは思っていません。選手とコミュニケーションをとりながら、今の時代に合った指導法を考えたい」
―コーチ陣の顔ぶれ。どんな期待を
「素晴らしい技術を持ったコーチングスタッフに来ていただけることになった。自分自身もすごく期待している。ただ、教えることの難しさは自分もすごく痛感している。選手1人1人が力を発揮できる指導を含めて、必ずやってくれると思う。期待している」
―秋季練習は見るか
「11月4日から、ナゴヤ球場でスタートします。選手も多いですし、グラウンドが1つしかないので、効率よく練習できるように、長い練習だけではなくて、選手に成果が出るように、スタッフと工夫してやっていきたい」
おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ