本文へ移動

中日・石橋康太が特大弾「すごいいい感触」1軍昇格へタイミングの取り方身につけるぞ【フェニックスL】

2021年10月28日 22時15分

このエントリーをはてなブックマークに追加
3回裏2死二塁、石橋が左越えに2ランを放つ

3回裏2死二塁、石橋が左越えに2ランを放つ

◇28日 秋季教育リーグ 中日6―4DeNA(ひなたサンマリンスタジアムみやざき)
 中日の石橋康太捕手(20)が特大の1発を放った。3回2死二塁での第2打席。1ボール1ストライクからDeNA先発・石田の真ん中低めの変化球をすくい上げた。打った瞬間それと分かる打球は左中間席中段に突き刺さった。「すごいいい感触で打てたと思います」。今リーグ初長打は、相手左翼手が一歩も追わない完璧な1発だった。
 今季は開幕1軍を勝ち取ったものの、5月31日に登録抹消。以降は1度も昇格することはできなかった。今リーグでの課題はタイミングの取り方。「しっかり相手投手にタイミングを合わせていけるように、体が自然と反応できるタイミングの取り方、明確に言葉で表せられるようなものを身に付けたいです」。理想の打撃を追い求めるべく、背番号58が宮崎でバットを振り込む。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ