本文へ移動

長浜100の庭、10年かけ調査 元京大生や市民有志が来年刊行

2021年10月29日 05時00分 (10月29日 05時00分更新)
長浜市内の庭を調査する「ながはまのお庭プロジェクト」のメンバー=昨年10月、同市山階町で(同プロジェクト提供)

長浜市内の庭を調査する「ながはまのお庭プロジェクト」のメンバー=昨年10月、同市山階町で(同プロジェクト提供)

  • 長浜市内の庭を調査する「ながはまのお庭プロジェクト」のメンバー=昨年10月、同市山階町で(同プロジェクト提供)
  • 1冊の本に再編集する5冊の小冊子を持つ山崎代表=長浜市元浜町で
 京都大の元学生や長浜市民らの有志グループ「ながはまのお庭プロジェクト」が、約10年かけて市内の民家などの庭を調査した成果を1冊の本にまとめる。来年2月に刊行予定。江戸後期以降、豊かな経済力を背景に質の高い庭が造られ、多くが今も往時の姿のまま受け継がれている長浜の庭文化の奥深さや魅力を広く紹介する。...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

関連キーワード

おすすめ情報

滋賀の新着

記事一覧