本文へ移動

ミスターに並んだ!DeNA・牧秀悟”マルチ締め”で新人歴代5位の153安打「本当に光栄なこと」

2021年10月28日 20時42分

このエントリーをはてなブックマークに追加
4回表無死一塁、右前打を放つ牧

4回表無死一塁、右前打を放つ牧

◇28日 広島―DeNA(マツダ)
 ミスターに並んだ。DeNAの牧秀悟内野手(23)が今季最終戦でマルチ安打をマーク。4回と7回の打席でいずれも右前打を放ち、1958年の長嶋茂雄(巨人)に並ぶ新人歴代5位の153安打となった。
 牧は試合前の時点でルーキーイヤーの「3割20本塁打」を確定。58年の長嶋、81年の石毛、86年の清原に並ぶ快挙を達成した。牧は「本当に光栄なことですし、新人の時にしかできない記録なのですごいうれしいです」と相好を崩した。また、この日で今季36度目のマルチ安打となり、58年近藤和彦の球団新人最多記録を塗り替えた。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ