本文へ移動

【平和島ボートSG・第68回ボートレースダービー】瓜生正義、5着大敗も足の仕上がりに納得「展開は突ける」予選突破へ勝負駆け

2021年10月28日 19時59分

このエントリーをはてなブックマークに追加
勝負駆けに全力投球する瓜生正義

勝負駆けに全力投球する瓜生正義

◇28日 平和島ボートSG「第68回ボートレースダービー」3日目
 福岡のエースが本気モードに突入だ。3日目4Rで2コースから差しを狙った瓜生正義(45)=福岡=だったが、1Mは思うように舟が進まず、道中も着を下げてしまい5着大敗。「スタートを行けなかった自分が悪い」と悔しそうにレースを振り返った。
 それでも仕上がりは納得の域に近づいている。「ペラはしっかりたたけているし、回転も合っている。乗りやすいし、不満なところはない。威張れる足ではないけどバランスが取れて全然展開は突けますよ」と気持ちを切り替えた。
 予選ラストの4日目は3、12Rの2走。ベスト18入りは(2)(2)着以上と楽な条件ではないが「エンジンに関しては言い訳できない。あとは自分の問題。しっかりレースをして(勝負駆けを)頑張ります」。SG10冠を誇る九州の大スターが、優勝した2016年以来となるダービー準優入りへ持てる力を注ぎ込む。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ