本文へ移動

「『ヤバいな』で終わらせるのは違う」 EXIT兼近大樹、3歳児虐待死で持論 「親の教育のほうにも目を向けていくっていうのが大事」

2021年10月28日 11時16分

このエントリーをはてなブックマークに追加
兼近大樹

兼近大樹

 お笑いコンビ「EXIT」の兼近大樹(30)が28日、フジテレビ系朝の情報番組「めざまし8」にスタジオ出演。大阪府摂津市で3歳の男児が虐待され死亡した事件で、交際相手に続き、母親も逮捕されたことに言及した。
 番組では、逮捕された母親の友人が取材に応え、男児のほほに大人の手形がついていたり、車から母親が突き落とすことがあったと話した。子どもが邪魔だという発言もあったという。
 兼近は「しつけの線引きみたいな…うちはこうやって育てているんだっていうのがそれぞれの家庭であって、それを周りが否定するのは難しい」としつけと暴力の境界線があいまいになりがちな現状を指摘。
 続いて「人間の問題っていうのはわかるんですけど、虐待する側の人をつくっているのも社会」と社会全体の問題であると強調し、「そういう人間を教育してきたわけですから『感覚がわかんない』とか『なんでこんなことをするんだ』じゃなくて理解しないとまず無くせない」と虐待をしてしまう人の立ち位置を社会全体で理解しようとする姿勢が必要だと訴えた。
 今回の虐待ケースは氷山の一角だとして「理解しようとするわれわれも大切で、ただ『なんでこんなことすんだよ』『ヤバいな』で終わらせるのは違う」と語気を強め、「みんなで理解しようとして少しずつ子どものためだけじゃなくて、親の教育のほうにも目を向けていくっていうのが大事なのかな」と持論を話した。
 ネット上ではこの意見に「兼近のコメント素晴らしい!兼近の印象が変わった」「真っ当な事を言いますね」といった称賛する声が見られた。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ